ご挨拶|岡治織物合資会社

ご挨拶


岡治織物合資会社は、綿素材を中心としたジャカード織物の織布工場です。
歴史ある播州織の一端の担い手として、約100年ほどの間ものづくりを続けてきました。
現在では自動織機を導入し、職人による整備や調整によって、安定した精度と生産性を保っています。
また、ヒューマンエラーとマシンエラーの双方が起こり得る現場において、
細心の注意をはらうことは当たり前のことながら、変容する様々なニーズに答えられるよう、
日々生地開発を進めております。

各工程の分業制が主流となっているこの地域では、
一つの生地を作り上げるのにたくさんの人の力が必要です。
紡績、サイジング、糸染め、織布、後加工、縫製…etc。
一製品の一生産という視点だけでも非常に多岐にわたる工程が含まれております。
それぞれの専門技能を持った人々が暮らし、たくさんの人々がいる地域だからこそ
成り立っている産業と言っても過言ではありません。

多様化するデザイン、プロダクトに対応し得る設備の充足と、
その設備を扱う人材の育成に尽力しながら、
この地域の全ての皆さまと共に、活気ある未来へ向かって行きたいと強く願っております。

皆様のご期待に添うべく、精一杯努力してまいります。
なにとぞご支援、ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

写真
岡治織物合資会社 
代表  岡本一記